パールホワイトプロEX

過酸化水素水が含まれているホワイトニング剤のデメリット

歯のホワイトニングにはいくつかの薬品が用いられますが、過酸化水素水はホワイトニングにおいて、歯を漂白するという重要な役割を持っています。歯科医で行われているホワイトニングの多くで過酸化水素水を主成分とする薬剤が用いられており、その安全性については長年の使用や実証研究で米国食品医薬品局(FDA)が認証しています。

 

しかし、デメリットがあるということも認識していなければなりません。ホワイトニングは、本来自分が持っている天然の歯しか白くならないため、かぶせ物や人工歯を白くすることができません。そのため、場合によっては違和感を感じる歯が出てくるかもしれません。また、1度の施術でイメージしていた白さにならないことがあります。

 

その場合には再度ホワイトニングを実施する必要があります。一般的にホワイトニングの持続期間は3〜6カ月程度とされており、またもとの色に戻るということも知っておきましょう。さらには、知覚過敏を招くことがあり、熱いものや冷たいものに刺激を感じることがあるため、注意が必要です。

 

一方、パールホワイトプロEXには過酸化水素水が含まれていませんので、知覚過敏のような歯茎トラブルは起きません。
その代わり、病院ほどのホワイトニング効果を短期間では期待できません。
成分が優しい分、満足できる白さを感じるまでには時間がかかります。